小説書評 日常の不思議を紐解くミステリー 〜氷菓〜

ミステリーが読みたい!ミステリーを読ませろ!!

そんな気分になって、前から気になっていた氷菓<「古典部」シリーズ>を購入しました。
タイトルを見ただけではシリーズがわからないタイプの小説ですね。
Kindle版では<「古典部」シリーズ>と書かれているのでわかりやすいのですが、書店では見つけづらいかも。

三分の一ほど読んでみて、面白いです。

日常的な謎をミステリーの題材にしつつも、読者に「あれ?」と思わせてくれるので読み進めてしまいます。
特にヒロイン千反田えるの「わたし、気になります」はとても力強い。この一言で全て持っていかれている気分にもなります。

えるが何か秘密を抱えていそうな発言を少しずつしていますし、このあと大きな謎が待っているのかも?と期待しつつ、
最後まで読んでいきます。

 

文庫版 / kindle版