創作日記44 〜多くの作品を作るために時間の使い方を見直す〜

創作に関して、「なかなか完成しない」「時間が足りない」「やりたいことが多い」「クオリティが上がらない」

これらの悩みを解決するための対策を考えました。

 

短時間で区切る

 

「なかなか完成しない」「時間が足りない」「やりたいことが多い」が多いに関しては、やりたいこと一つ一つを短時間で設定すれば、時間に余裕が出てくるので達成できます。

問題は「クオリティが上がらない」です。
これに関して、時間をかければ良いというわけではなさそうだ、ということが経験則からわかってきました。

 

というのも、イラストを描いていての体験ですが「たくさん描けば上手くなる」を取り違えてとにかく長い時間描いていた時期が数年間あったのですが、結果として上手くなりませんでした。

 

一枚の絵を何時間も修正して描くのでクオリティは上がるのですが、よくわからずに描いていたので身につかなかったんです。
逆に、短い時間でもいいから少しずつ目標を達成するように描いたら少しずつ上達しました。
少しずつでも技術が身につけば、同じ時間をかけた絵でも少しずつクオリティが上がります。
そうして少しずつクオリティを上げていくことこそが、最終的な上達に繋がることに気づきました。

 

「たくさん描けば上手くなる」を本当の意味で実践するために、短時間で区切る方針で活動します。
※僕の場合、意識しないとだらだらと長時間使って目標を達成した気になってしまう、という前提があります。決して長い時間をかけるのが悪いことではありませんのでご注意ください。
短時間の区切りをたくさん実行して、合計時間は長く確保していきます。