創作日記45 〜挫折と心機一転〜

↓ファンタジア大賞投稿挫折しました。

創作日記43 〜小説の報告〜

 

心機一転

さて、挫折したといきなり書いたわけですが、理由としては間に合わないことがわかったからです。作品自体は完成させて別の賞に応募します。

間に合わない原因としては、

 

  • 初めてファンタジーを書いたので調べ物の量が多くなってきた
  • 描写の密度を増やすよう心がけたら、一文が長くなった

ふたつ目の一文が長くなった、ですが前回投稿した記事は描写が少なかったので改行が多く、ページ数が稼げていたけれど、今回は一文が長くなった分同じ文字数を書いてもページ数は増えず、規定に足りないことがわかった。ということです。

諦めるのは自分でもショックでしたが、せっかくなのでここで自分自身を見つめなおそうと思いました。

 

 

創作ってなんだろうか

創作とはなんだろう。とあるきっかけで、なんとなく自分にとっての創作が何なのかわかりました。

考えたことの集大成

だと思います。
このブログの記事もそうですが、創作をするにあたり、僕はいろいろなことを考えます。
それは、そうしないと自分の中で引っかかるところが多くなってしまい、どうしても作品が進まなくなったりと、必要不可欠であるからです。

ですが、このブログで考えたことを記事にしながらまとめているのは特に苦痛は感じませんし、むしろ頭がすっきりするので好きな行動に分類されます。

結局のところ、僕に出来ることは考えることだけであって、そこに文章を書く、絵を描くといったことについて考えて実践した集大成、それが僕にとっての作品、さらにはそこに自分で考えたことをテーマとして落とし込めた時、僕にとって創作をしている、ということではないかと気づきました。

 

上記の内容を見返しても、なんだか散らかっているなあと思いますが現段階ではこれが僕にわかる限界ですので、これからも創作とは何か?向き合って深掘りしていこうと思います。