BOOTH 同人誌発行

【ネコポス発送】BOOTHで同人誌を通販する場合の梱包方法

2022年12月15日

【ネコポス発送】BOOTHで同人誌を通販する場合の梱包方法

11月に初めて、BOOTHで同人誌の通販を開始した。
そのときに、発送ってどうやってやれば良い?梱包ってどうすれば良い?と悩んだので調べた結果たどり着いたやり方を紹介する。

関連記事

BOOTH

2023/1/15

BOOTHで同人誌を本名や住所を知られずに買う方法!

僕はBOOTHで同人誌を通販しているんだけど、知り合いから「欲しいけど通販って本名とか住所が伝わるんだよね」と言われることがよくある。BOOTHでは出品者が自由に発送方法を設定でき、発送方法次第で購入者と出品者、お互いに本名や住所が伝わらないようにもできる。今回はどの商品なら本名や住所が伝わらずに購入できるか判別する方法を解説する。 関連記事 方法①BOOTHで本名や住所を伝えずに購入できる商品を探す BOOTHの検索ページの表示方法 https://booth.pm/jaBOOTH(上記URL)を開いて ...

ReadMore

BOOTH 同人誌発行

2023/1/18

【ネコポス発送】BOOTHで同人誌を通販する場合の梱包方法

11月に初めて、BOOTHで同人誌の通販を開始した。そのときに、発送ってどうやってやれば良い?梱包ってどうすれば良い?と悩んだので調べた結果たどり着いたやり方を紹介する。 関連記事 BOOTH通販でおすすめの発送方法はあんしんBOOTHパック 出品者・購入者どちらも匿名で送れるあんしんBOOTHパック 参考:あんしんBOOTHパックとは? あんしんBOOTHパックは、BOOTHで自宅から発送をする場合に使える匿名で発送できるサービス。発送する側も、受け取る側も氏名、住所を伝えなくて済むので安心。 同人誌の ...

ReadMore

同人誌発行 小説執筆

2023/1/18

【同人印刷所レビュー】【安い】印刷通販ちょいのまさんでブックカバーつき文庫サイズ小説同人誌を作った

先日、小説の同人誌を作成したのだが、その時にどの印刷所に印刷を注文するかとても悩んだ。結果としては、「印刷通販ちょいのま」さんを利用したので選んだ理由を紹介する。 ちなみに、僕が同人誌を作ったのは個人では2回目で、10年以上ぶりに作った。そのため他の印刷所さんとの比較はWebで手に入る情報中心となっているので注意してほしい。 関連記事 今回印刷所を選んだ際の前提 前提①本の価格を500円に収めたかった 今回、久しぶりに作る同人誌ということで、せっかくだから多くの人に手にとってもらいたかった。そのため本の価 ...

ReadMore

BOOTH通販でおすすめの発送方法はあんしんBOOTHパック

出品者・購入者どちらも匿名で送れるあんしんBOOTHパック

参考:あんしんBOOTHパックとは?

あんしんBOOTHパックは、BOOTHで自宅から発送をする場合に使える匿名で発送できるサービス。
発送する側も、受け取る側も氏名、住所を伝えなくて済むので安心。

同人誌の場合、もっと安く発送する方法はあるのだが、僕は買ってくれた人の個人情報を自分で管理するのも怖いので必要な費用と割り切ってあんしんBOOTHパックにしている。
(あと、字が汚いと言われがちなので自分で住所を書かなくて良いのは嬉しい)

あんしんBOOTHパックで一番価格が安いのはネコポス

同人誌ならサイズ、重さ的にネコポスで良いはず

あんしんBOOTHパックには発送方法が複数種類ある。
方法によって価格も変わってくるが、同人誌の場合は基本的に一番安いネコポスで大丈夫。
※配送できるサイズや重さを確認して選んでください。B4サイズの大きな本や、3cm以上の分厚い本、複数冊セットで厚みがある、1kg以上の重さの場合はネコポスでは発送できない。

注意:BOOTHでは販売価格と配送料と手数料の計算がややこしい

引用:https://booth.pixiv.help/hc/ja/articles/115004576874

BOOTHで同人誌が売れた場合、おいくら手数料を払うことになるんです?というのは気になるところ。
手数料で赤字になるのは避けたい。(同人誌が赤字になるのはよくあることだけど、手数料で赤字なのは嫌、個人的に)
計算式は上の画像の通り。

「自宅から発送」であんしんBOOTHパックネコポスで発送した場合の手数料の具体例

実際のBOOTHの売り上げ管理画面

BOOTHの手数料の計算がややこしいので具体例をあげていく。
まず、上の画像は僕のBOOTHの管理画面。
ちなみに、購入者が払う金額は【小計+送料(自宅)】の500+370=870円。
出品者が受け取るのは429円。(小計 - 手数料。送料はBOOTHが受け取り、精算してくれる)

・500円で同人誌を販売し、「自宅から発送」であんしんBOOTHパックネコポスで発送した場合の手数料
→71円

・計算式
( 500 + 370 )× 5.6 ÷ 100 + 22 = 71 円
※(【同人誌の価格500円】+ 【ネコポスの送料370円】) × 【手数料5.6%】 + 【固定の手数料22円】 = 71円

注意点として、発送時の封筒など梱包材の費用も別途かかってくる。
梱包材がいくらくらいかは後述する。

価格を抑えて同人誌を印刷するなら印刷通販ちょいのまがおすすめ

今までの説明で、送料とBOOTHへの手数料を足すとけっこうな金額になってしまうことがわかったかとおもう。
なるべく価格を抑えて同人誌を作りたい場合、一番大きな費用である印刷費が安くなるととても助かる。
というわけで、僕が利用した安価な印刷所さんを上の記事で紹介している。

ネコポスで同人誌を発送する時の梱包方法

注意:ネコポスではサイズが大きすぎるとダメだが、小さすぎてもダメ

ネコポスのサイズを教えてください
こちらのBOOTHのヘルプページにも書いてある通り、ネコポスでは「角形A4サイズ(31.2cm以内×22.8cm)以内」だが、
「※但し、23.0cm×11.5cm以内を除く」と書いてある通り、長辺は23.0cm以上、短辺は11.5cm以上が必要。
※2022/12/14現在

僕の場合、文庫サイズ(A6)の本を発送したかったので小さい封筒を用意しようとしていたのだが、そうするとサイズが小さすぎてNGなことがわかった。

ネコポスでつかえる同人誌梱包用のクッション封筒

実際に僕が使っている封筒がこちら。中にプチプチが貼ってあり、クッションになっている。
梱包をキレイにする自信がない人でも本を中に入れるだけで良いのでおすすめ。

※2022/12/15現在、100枚3369円

ネコポスで同人誌を送る場合はOPP袋に梱包するのが無難

クッション封筒に本を入れるにしても、本の角がすこし折れたりしないだろうか……と心配だったのでOPP袋に入れることにした。
OPP袋、僕はなじみのない言葉だったんだけど、「安くて薄いビニールの袋」ということだと思う。たぶん。

同人誌通販では梱包によく使われている様子。僕のように本が折れないようにする目的のほか、雨の中配送された場合にすこしでも本が濡れる可能性を下げる目的だそう。

そのまま袋にいれると本より大きいサイズなので、本を入れたあと、袋を折り曲げて100円で買ってきたカラーテープで止めてOPP袋の中で本が動かないようにしている。

※2022/12/15現在、100枚537円

1冊発送するごとの梱包材の価格は39円くらい

前述したクッション封筒 + OPP袋を使った場合、1冊本を送るのにかかる梱包材の費用は
クッション封筒 33.7円 + OPP袋 5.3円 = 39円。
※2022/12/15現在

著者のBOOTH

この本を実際に通販した経験で今回の記事を書いています。

ある「元」光の戦士の6.01&6.02

人気の記事

BOOTH 同人誌発行

2023/1/18

【ネコポス発送】BOOTHで同人誌を通販する場合の梱包方法

11月に初めて、BOOTHで同人誌の通販を開始した。そのときに、発送ってどうやってやれば良い?梱包ってどうすれば良い?と悩んだので調べた結果たどり着いたやり方を紹介する。 関連記事 BOOTH通販でおすすめの発送方法はあんしんBOOTHパック 出品者・購入者どちらも匿名で送れるあんしんBOOTHパック 参考:あんしんBOOTHパックとは? あんしんBOOTHパックは、BOOTHで自宅から発送をする場合に使える匿名で発送できるサービス。発送する側も、受け取る側も氏名、住所を伝えなくて済むので安心。 同人誌の ...

ReadMore

同人誌発行 小説執筆

2023/1/18

【同人印刷所レビュー】【安い】印刷通販ちょいのまさんでブックカバーつき文庫サイズ小説同人誌を作った

先日、小説の同人誌を作成したのだが、その時にどの印刷所に印刷を注文するかとても悩んだ。結果としては、「印刷通販ちょいのま」さんを利用したので選んだ理由を紹介する。 ちなみに、僕が同人誌を作ったのは個人では2回目で、10年以上ぶりに作った。そのため他の印刷所さんとの比較はWebで手に入る情報中心となっているので注意してほしい。 関連記事 今回印刷所を選んだ際の前提 前提①本の価格を500円に収めたかった 今回、久しぶりに作る同人誌ということで、せっかくだから多くの人に手にとってもらいたかった。そのため本の価 ...

ReadMore

バックアップアイキャッチ

PC・周辺機器 イラスト関連情報 クリップスタジオペイント(CLIP STUDIO PAINT)

2023/1/18

【無料でもできる】クリスタデータのバックアップ手段4個【CLIPSTUDIO】

イラストや漫画を描く人にとって、作品は何よりも大事なデータ。そのデータを守るためにも、ぜひバックアップを取ってほしい。今回は特に、イラスト、漫画の制作によく使われているであるクリスタ(クリップスタジオペイント)のデータのバックアップ方法を紹介する。 関連記事 1.クリスタの機能を使ってバックアップする クリスタはデフォルト機能で自動バックアップされている CLIP STUDIO PAINTにバックアップ機能はありますか? https://support.clip-studio.com/ja-jp/faq/ ...

ReadMore

イラスト関連情報

2023/1/18

pixivプレミアムのメリットとデメリットについて解説

僕はpixivを10年以上使い続けている。でも、pixivの有料サービスであるPixivプレミアムはほとんど使ってこなかった。(初月無料のお試しを使ったことがある気がする) そんな僕が、2022年7月からpixivプレミアムユーザーに加入してアクセス解析機能を使い倒しているので、そのメリットを解説する。 関連記事 pixivプレミアムの料金 だれもが気になるところだと思うのでpixivプレミアムの料金について最初に書いておく。 Pixivプレミアムの料金は月額550円(2022/09/25現在) pixi ...

ReadMore

講座

イラスト関連情報

2023/1/19

【チャン】Coloso(コロソ)のイラスト講座を買ってみたのでレビュー【ホ・ソンム】

Coloso(コロソ)は動画でクリエイターの技術を学ぶことができるWebサービス。Web広告でもよく見かけるので見かけて気になっていた人も多いのではないだろうか。 僕はColosoでイラスト講座を2つ購入して視聴したので、その体験からColosoについて紹介する。 Colosoのイラスト講座ページはこちらから※ちなみに案件とかではありません。僕がColosoを気に入ったので勝手に紹介しているだけ。 関連記事 最初に前提として、僕が購入している講座を紹介しておく。それぞれの購入動機も後述するが、どちらも(た ...

ReadMore

ペンタブアイキャッチ

PC・周辺機器 創作環境

2023/1/17

【ペンタブ】液タブからWacom板タブに戻った話

漫画やイラストを描く際に描かせない道具がペンタブ。ペンタブにはいわゆる「板タブ」と「液タブ」の2種類がある。一般には液タブのほうが高級で高機能なものと認識されている風潮があるが、液タブにもデメリットはあり、板タブにもメリットがある。 今回は、過去に僕が液タブを購入したもののデメリットが大きいと感じ、板タブに戻った話を紹介する。 関連記事 液タブを否定しているわけではない 最初に念押しするが、液タブを否定しているわけではない。液タブについてポジティブな意見は多いし、板タブは慣れるまで使いづらいのも事実で、液 ...

ReadMore

イラスト関連情報 クリップスタジオペイント(CLIP STUDIO PAINT)

2023/1/17

クリスタ2.0が発売されても1.Xを使い続けると思う【CLIPSTUDIO】

2023年以降のWindows / mac OS 一括払い(無期限)版の提供・販売方法変更予定のお知らせ 上記クリップスタジオペイント(クリスタ)の公式ページで、クリスタ2.0が2023年発売予定と発表された。クリスタ2.0が発売した後のクリスタ利用方法が何パターンかあるので解説しつつ、僕はクリスタ1.Xを使い続けようと思うのでその理由を紹介する。 関連記事 クリスタ2.0が発売した後のクリスタ利用方法 月額課金でクリスタを利用している人 今後も同じく月額課金で使い続けられるし、バージョンアップもできる。 ...

ReadMore

イラスト関連情報 クリップスタジオペイント(CLIP STUDIO PAINT)

2023/1/17

クリスタで吹き出しの線の太さを変更する方法【CLIPSTUDIO】

関連記事 素材登録されている吹き出しの場合 素材ウィンドウを開き、「すべての素材>漫画素材>フキダシ」の中に入っている「歪円_02」をキャンバスにドラッグ&ドロップするとこうなります。フキダシの輪郭線の太さ(赤枠部分のブラシサイズ)はデフォルトで「5.0」です。これをデフォルトで「8.0」にしたい。 ①まずは先ほど置いたフキダシのブラシサイズを手動で「8.0」にします。②吹き出しが置いてあるレイヤーを素材ウィンドウにドラッグ&ドロップします。 素材ウィンドウにいま、ドラッグ&ドロップしたフキダシが ...

ReadMore

-BOOTH, 同人誌発行
-