創作環境

【ペンタブ】液タブをおすすめしない理由 Wacom板タブに戻った話

2022年9月4日

ペンタブアイキャッチ

漫画やイラストを描く際に描かせない道具がペンタブ。
ペンタブにはいわゆる「板タブ」と「液タブ」の2種類がある。
一般には液タブのほうが高級で高機能なものと認識されている風潮があるが、液タブにもデメリットはあり、板タブにもメリットがある。

今回は、過去に僕が液タブを購入したもののデメリットが大きいと感じ、板タブに戻った話を紹介する。

液タブを否定しているわけではない

最初に念押しするが、液タブを否定しているわけではない。
液タブについてポジティブな意見は多いし、板タブは慣れるまで使いづらいのも事実で、液タブのほうが合っている人もいると思う。

それでも、ここではネガティブな意見も上げることで液タブの購入を考えている人が僕のような失敗を避けられると嬉しい。

液タブのデメリット

液タブは重たいので使いづらい、液タブ専用スペースが用意できるなら解決

液タブは板タブに比べて重たい。
13.3インチくらいの小さいサイズのものなら1kg前後。
僕が過去に使っていた液タブは21.5インチで台座もついていたので8.06kgあった。

当時の僕の部屋は6畳ワンルームで、机の上でご飯も食べていたので机の上に液タブを出しっぱなしにできず、絵を描きたいときだけ8.06kgの液タブを机の上に置き、使い終わったら机からおろしていた。
ちなみにしまう場所もなかったので普段はベッドの上に置いていた。
板タブであれば本棚などに収納できるし、片手で取り出して机に置けて楽。

これは液タブを出しっぱなしにしておける専用スペースを作れるなら解決する話。
過去の僕のように狭い部屋になんとか作業スペースを確保している人は、このデメリットはよく考えてシミュレーションしてから液タブの購入を検討して欲しい。

液タブは熱い。冬はあったかいらしい

僕が過去に液タブを購入したのは5月。そして秋ごろまで使っていたはず。
液タブは液晶に手を置いて絵を描いているのに近い状態になる。
なので液タブ自身が熱を発しやすく、特に夏は暑い。

冷房を強めにして対策していたが、液タブと手を触れているところが暑いというか熱いので、解決しなかった。

板タブの場合は特に発熱しない。

液タブは目が疲れがちで肩が凝る、首も凝る

液タブは液晶と絵を書く場所が同じ。
なので液晶と目が近い状態になって疲れやすく、猫背の姿勢になって肩や首が痛くなりがち。

元々肩こりをしやすい僕は、液タブを使うとさらに肩こりや首が凝って痛くなりやすく、長時間の作業が辛かった。
同じく肩や首が凝りがちな人は注意して欲しい。

板タブであればディスプレイを見ながら手元だけ板タブに置いているので、猫背にはなりづらく肩凝りや首の凝りが置きづらい。

液タブは高価になりがち

液タブは基本的に板タブよりも高い。
何度も言うけど、液タブを否定したいわけじゃない。液タブの方が合う人は高価でも買う価値があると思う。

板タブのメリット

板タブのメリットは、基本的に前述した液タブのデメリットの裏返しではあるんだけど、加えてのメリットもあるので説明する。

板タブは手で絵が隠れない

液タブはペンを動かした位置に線が引かれる。
なので手と絵が重なってしまい、絵が隠れてしまう。板タブであれば絵が隠れない。
この差は慣れの問題でもあるんだけど、板タブに慣れている人は描きづらくなるかも。

過去に僕が使ったParbloの液タブは特に使いづらかった

液タブは板タブより高い。
そのため、少しでも安価にしたくてマイナーなメーカーのペンタブを購入した。
この液タブは今までに挙げたデメリットの他、製品自体が後述する理由で使いづらい。
しばらく経って板タブに戻ってみたら快適にお絵かきできたので、使わなくなってしまった。
結局、購入してから1年も経たずに中古で売却してしまっている。

使っていたのは下記リンクのParbloという中国のメーカーの液タブで、72,495円で購入した。
現在では在庫がなくなっているが、念のためいうとおすすめではない。

MacのせいかParblo液タブのせいかはわからないが動作も不安定だった

Parblo製の液タブは、そもそもPCにつないで電源を入れてもなかなかPCが認識しなかった。
使用するたびに5~10分かかり、調子が悪すぎて諦めた日もあった。

当時の僕はMac Book Proを使用していたのだが、Wacomの板タブとMacの組み合わせでも、ドライバーの最新バージョンが不安定で一つ古いドライバーに戻したら上手く動作したことがあった。
なのでMacが不安定だったか、使っていた液タブがMacと相性が悪かった可能性もある。何年も前の話なので今となってはわからない……。

WacomなどのメジャーなタブレットとWindowsの組み合わせであればユーザーも多く、正常に動作する可能性が高い。
そういった環境を使っていれば、もしかしたら僕も液タブを使い続けていたかもしれない。

最後に、僕が使っている板タブはこれ

最後に僕が使っている板タブを紹介する。
正直、「wacomの大きいタブレット使えば間違いないだろ」くらいの判断で買っている。
Windows10のPCで使用しているが、問題なく使えている。

人気の記事

クリップスタジオペイント(CLIP STUDIO PAINT) 漫画の描き方

2022/9/16

【初心者向け】素材を活用して漫画背景を描く方法【CLIPSTUDIO】

僕は今までに電子書籍として漫画を出版している。漫画の執筆の中でいつもハードルを感じるのが背景だ。 人物を描くのは楽しいけど、背景はしんどいと思っている人も多いのではないだろうか。この記事では僕が実際に出版した漫画の中で使った背景の描き方をお伝えする。 僕が描いた漫画の背景を使って解説 今回は下記の漫画の背景を例にして解説を進めていく。見出しにも書いた通り、僕が描いた漫画の「空と海1」である。 この漫画を例に背景の描き方を紹介していくので、気になればダウンロードして確認してみて欲しい。絵の質は拙いと思うので ...

ReadMore

講座

イラスト関連情報

2022/9/24

【買って良かった】講座サイトColosoでイラスト技術を学ぶ【レビュー】

Colosoは動画でクリエイターの技術を学ぶことができるWebサービス。Web広告でもよく見かけるので見かけて気になっていた人も多いのではないだろうか。 僕は気になった講座を2つ購入して視聴してみたので、その体験を紹介しようと思う。 Colosoのイラスト講座ページはこちらから※ちなみに案件とかではありません。僕がColosoを気に入ったので勝手に紹介しているだけ。 実際に購入したColosoのイラスト講座2つを視聴した経験からレビュー 最初に前提として、僕が購入している講座を紹介しておく。それぞれの購入 ...

ReadMore

ペンタブアイキャッチ

創作環境

2022/9/14

【ペンタブ】液タブをおすすめしない理由 Wacom板タブに戻った話

漫画やイラストを描く際に描かせない道具がペンタブ。ペンタブにはいわゆる「板タブ」と「液タブ」の2種類がある。一般には液タブのほうが高級で高機能なものと認識されている風潮があるが、液タブにもデメリットはあり、板タブにもメリットがある。 今回は、過去に僕が液タブを購入したもののデメリットが大きいと感じ、板タブに戻った話を紹介する。 液タブを否定しているわけではない 最初に念押しするが、液タブを否定しているわけではない。液タブについてポジティブな意見は多いし、板タブは慣れるまで使いづらいのも事実で、液タブのほう ...

ReadMore

ブログ執筆

月次報告 電子書籍出版

2022/9/14

【月刊トバナオト2022年8月】ブログ執筆に本腰を入れ始めた

このブログは2015年から存在するんだけど、何となく始めて、2017年ごろには更新しなくなり2020年、2021年に思い出したように一瞬更新した。そして2022年の8月から更新を再開して少しずつ記事を増やしている。その理由としては、自分が投稿した漫画について少しでも知ってもらう機会を増やしたいからではあるんだけど、今月の漫画の閲覧数について説明しつつその目論見についても書いていこうと思う。 8月の自作漫画の閲覧数について 漫画を投稿しているサイトは下記 トバナオト(このブログ) pixiv KDP コミチ ...

ReadMore

空と海2_アイキャッチ画像

自作漫画【無料】

2022/9/14

【無料】自作漫画「空と海2」を公開します!

空と海の第2話です。よろしくお願いします! Kindleでも無料公開しています Kindleがお好みの方はこちらで読めます。https://amzn.to/3TRvpEU 第1話はこちら 第2話の本文はこちら 人気の記事

ReadMore

イラスト関連情報 クリップスタジオペイント(CLIP STUDIO PAINT)

2022/9/14

クリスタ2.0が発売されても1.Xを使い続けると思う【CLIPSTUDIO】

2023年以降のWindows / mac OS 一括払い(無期限)版の提供・販売方法変更予定のお知らせ 上記クリップスタジオペイント(クリスタ)の公式ページで、クリスタ2.0が2023年発売予定と発表された。クリスタ2.0が発売した後のクリスタ利用方法が何パターンかあるので解説しつつ、僕はクリスタ1.Xを使い続けようと思うのでその理由を紹介する。 クリスタ2.0が発売した後のクリスタ利用方法 月額課金でクリスタを利用している人 今後も同じく月額課金で使い続けられるし、バージョンアップもできる。追加料金も ...

ReadMore

小説を書く

小説執筆

2022/9/14

小説同人誌を作りたいのでMicrosoftWordについて調べた

前提 今回、小説の同人誌を紙の本で作りたいと思いWordについて調べてみたのですが、印刷所に紙の本を頼む場合PDFにできればWordじゃなくても良いらしいです。(フリーソフトでもできるので、無料でできるはず)それでもWordの方が機能がそろっていて便利かなと思い、まずは気軽にWordをお試ししようという目的でこの記事を書いています。 WordはMicrosoft365で1ヶ月無料試用できる Microsoft 365の無料試用を申し込む 下記のページから、Microsoft 365の無料試用を申し込むこと ...

ReadMore

フォント

イラスト関連情報 クリップスタジオペイント(CLIP STUDIO PAINT)

2022/9/14

クリスタ デフォルト付属の漫画用フォントをインストールする方法【CLIPSTUDIO】

クリスタに付属の漫画用のフォントをいまさら入れたので覚え書き。今まではコミスタに入っていたフォントをそのまま使っていたんです。 漫画用のフォントのインストール手順 下記の公式のサポートページに記載されています。https://support.clip-studio.com/ja-jp/faq/articles/20190098 ただし、下記の記載があるので注意。 ※利用期限があるライセンスにはフォントは付属しません。引用元:https://support.clip-studio.com/ja-jp/faq ...

ReadMore

イラスト関連情報 クリップスタジオペイント(CLIP STUDIO PAINT)

2022/9/14

クリスタで吹き出しの線の太さを変更する方法【CLIPSTUDIO】

素材登録されている吹き出しの場合 素材ウィンドウを開き、「すべての素材>漫画素材>フキダシ」の中に入っている「歪円_02」をキャンバスにドラッグ&ドロップするとこうなります。フキダシの輪郭線の太さ(赤枠部分のブラシサイズ)はデフォルトで「5.0」です。これをデフォルトで「8.0」にしたい。 ①まずは先ほど置いたフキダシのブラシサイズを手動で「8.0」にします。②吹き出しが置いてあるレイヤーを素材ウィンドウにドラッグ&ドロップします。 素材ウィンドウにいま、ドラッグ&ドロップしたフキダシが追加されま ...

ReadMore

-創作環境
-